Top / 気導術

気導術【加須・栗橋の気功整体やぐち】

作成中です。
申し訳ありませんが、お待ちください。





以下作成中…

作成中
当院の気導術について

痛み苦しみを最高の笑顔に変える気功整体のやぐち!!


来て善かった~!
なんでもっと早くこんな気功整体院に出会えなかったのか?
どこに行っても治らなかった痛み・病気・精神疾患・・・が治った!
そんな声が続出している気功整体院です。

天・光・地 無限のエネルギー
&ref2(): File not found: "swfu/d/singisin-sho.jpg";;
&ref2(): File not found: "swfu/d/s_s_imagesCAJQT02S.jpg";;

気功・気導術とは、身体各部位の痛みを即効で解消できます
ストレス・トラウマ・各種恐怖症・心的障害を解消できます
痛みや心的障害を解消し、免疫力を上げることができます
痛・心・病を正常化できるからこそ本物の美しさを提供できます
痛みを解消し、心を開放し、病から脱し、美しさを得ることができる
当院だからこそ本来の若さを取り戻すことができます

作成中
院長挨拶

厚生労働大臣認可・整体師教育振興会協同組合認定院
日本気導術学会会員・認定気導師
天風会会員

#style(class=box_red_ssl){{
~当整体院では皆様のご健康を心より願っております~

 こんにちは埼玉でこだわりのある整体院を目指している院長の谷口です。加須市、久喜市、古河市近郊で開業しています。
 当整体院では心のこもった施術をモットーに、なるべく一回の施術で結果の出せる様、日々患者様とむき合って頑張っています!
 このサイトをご覧になっていると言う事は、身体に何かしら不快感・痛みを感じている人がほとんどの事と思います。
 不快感・痛みを感じていても、整体やカイロプラクティックや気功(気導術)に行くには不安であと一歩が踏み出せないという方が大半かと思います。
 かつては私も学生時代に柔道で腰椎分離症から、腰椎すべり症を患い患者として整体院・カイロプラクティックや気功などの治療や整形外科や接骨院などに何軒も何軒も通いました。
 行く時は皆さんと同じ思いで不安でした。
 でも自分に合う治療院を見付けると、何でもっと早く来なかったのだろうかと後悔してしまいました。
 従来の整形外科・整体・カイロプラクテッィク・鍼・灸・気功ですと、その場で痛みが取れる事はなかったのですが気功(気道術)に出会いすぐに痛みや不快感が解消してしまいました。
 これはスゴイ事だと思いそこで、自分が一流の整体師・気功師になろう!根本から治癒できる施術を生み出し、貢献しよう!と決心しました。
 そこからはあらゆる気功・整体・カイロプラクティックなどの学院で・・・天風会・極理整体・野口整体・村松気功・しが子気功・AST気功アストカイロ気導術などで・・・ 手技・気功を覚え・受け・修行の毎日でした。
 技術と知識と気が身に付いてからは、臨床の毎日。そして今日に至ります。
心のこもった施術をモットーに日々患者さまと一緒に痛みと闘っております。
是非エミネンスプラクティック整体やぐちに安心して起こし下さい!
====
作成中
気導術とは・気導術解説

◆ 気導術とは? ◆

 気導術は不足している気(気導力・エネルギー)を注入し筋肉の「コリ・筋肉異常」を解消し神経を正常化させ痛みを即効的に解消します!
 痛みとは、全身の気エネルギー不足、幹部筋肉内の エネルギー不足、それらに伴う神経障害と精神障害によってひきおこされるものであり、身体バランスや、骨格不正などは、それらを放置した為におこる二次的な結果である。

気導術とは 凄い気の力超特殊能力即効療法の解説

 たとえ気の修行を二十年積んだとしても治療上の効果は出づらいものですが、その原因の多くは顕在意識のエネルギーを使っているからです。
 修行は顕在意識で行なうものであり、顕在意識に現れるのはその個人のエネルギーでしかありません。
 どんなに頑張っても個人が作り出せるエネルギーには限りがありまが、気導術で用いる気導力の場合、潜在意識を通して外界のエネルギーを流しているだけなのでそこに限界はないのです。
 誰でも気導力を使えるようになります。

気導術は伝授されることによって使える

 気導術とは、日本気導術学会会長「鈴木眞之」が公開した気エネルギー療法です。
 気エネルギー(気導力)を用いることにより、受者の持つ身体各部位の痛み、バランス不正、骨格不正等の解消をはかります。
 また、精神的疾患にも即効かつ、非常に有効な成果をあらわします。
 術者がラポール付け(信頼関係)することにより、修行を必要とせず、気を自由自在にコントロールすることができるようになります。
 その気エネルギー量は、従来の気功等の概念を遥かに凌駕しています。

本当の健康を目指す

 気導術では、自分自身に対して「気」を有効に作用させることが可能です。
 あなたが気導力を使えるようになったなら、きっと自分の健康レベルが一段向上したことを自覚できるでしょう。
 そしてプロであれば患者さんに、また一般のかたであれば家族や友人に向けて、その確かな力を使うことにより、あなたの周囲には「笑顔」が溢れていきます。
 会い接する人たちが「笑顔」でいられる本当の健康を目指してください。

本物のプロが最短距離を導く

 日本気導術学会では会長を筆頭に、数十名の講師がセミナーで指導を受け持っています。
 その講師は全て各々が治療院の院長を務めており、毎日多くの患者さんに「笑顔」を取り戻していただくために最善の方法を追求し続ける日本気導術学会が誇る自慢の集団です。
 常に臨床の現場に身を置いているものだけが得られる様々な経験をもとにあなたの実力を最短距離で引き上げます。

5つのテーマ

 気導術では5つのテーマに分けて技術開発に取り組んでおります。

 痛・・・身体各部位の痛みを即効で解消する
 心・・・ストレス、トラウマ、各種恐怖症、心的症状を解消する
 病・・・痛みと心的症状を解消し、免疫力を上げる
 美・・・痛みと心的症状、病を正常化し本物の美しさを得る
 若・・・全ての症状を解消することにより、本来の若さを得る

 痛・心が土台となり、テーマに沿ってそれぞれの症状の改善をはかります。
 痛・心・病・美の4つのテーマが実現されると5つ目の「若返り」が叶うでしょう。
 この5つのテーマを持って技術開発に取り組んでいます。

気導術の優位性

 身体各部位の痛み、筋肉・神経・気障害、バランス不正、心的症状など様々な症状に対してアプローチが可能です。
 また、術者の気エネルギーを消費しないため疲労を伴いません。自分自身に対する治療も可能です。
 治療家の方からみれば、治療時間を短縮でき、またその場で効果を確認できます。
 今までに習得した治療技術を気導術に即応用可能です。気導術を習得することにより、患者様はもとより、術者自身の負担軽減がはかれます。
 これまでに、全国から医師、歯科医師、鍼灸師、柔道整復師、整体師などの治療家はもとより、国会議員、学者、会社員、学生、主婦などプロの治療家ではない方も含め約4000名の気導師が誕生しています。

日本気導術学会理念

1、心身の調和の取れた高い健康水準を維持できる治療技術を提供すること。
1、日々治療技術の研究に取り組み、その技術を使いこなす治療家を育てること。
1、近隣の治療院で気導術を受けることができる状況を実現すること。

====
作成中
心身のトラブル

◎筋肉異常 (エネルギー不足)  重要度★★★★★

 筋肉は、なんらかのトラブルが発生すると、毛細血管が締め付けられ血液循環が悪化して筋肉内に十分な酸素を供給できなくなる。
 それにより、疲労物質が蓄積して筋肉組織を硬化させる。その硬化はやがて異常な硬結(シコリ)となり神経を圧迫して痛みを生じる。
 さらにその硬結を放置すると体の姿勢的なバランスが崩れ、骨格不正を起こして症状を慢性化させる。
 気導術ではこの一連のプロセスの主原因を「全身の気エネルギー不足」「幹部筋肉のエネルギー不足」と位置付け、そこに 気導力を注ぐことで即座に全身の筋肉にある硬結を消失させ、患者を痛みから解放し、諸症状の消失と病気からの回復を実現させる。

◎体軸の狂い (左右・前後重心)  重要度★★★★

 人間に限らず、地球上において、全ての物体は地球の重力下に置かれている。
 個々の物体が、安定した状態や、姿勢、制御を望むのならば、重心軸の正当化は、重要な案件となる。
 人は、生活を営む上で、様々な姿勢を余儀なくされるが、不健康な状態、身体の痛みが発現している状態では、重心軸がぶれている、または不安定な状態である事が非常に多い。
 また、治療により身体の痛みを解消する事が出来たとしても、重心軸が整っていなければ、正常状態の長期安定を望む事は出来ない。
 そのような異常状態を、正当な正常状態に術者が戻す事が出来れば、それに伴う異常状態の解消や、施術後の治療効果の維持を望む事が初めて可能になる。

◎心の問題 (ストレス・トラウマ他)  重要度★★★★

 身体の痛みの完全な解消を試みるときには、様々な要因を取り除く事が肝要である。
 人が生活を営む上で心的ストレスを受けるのは受けるのは避けられない事実ではあるが、心的許容値のゼロ点の調整や、忌わしい記憶の拡散を、気導術では調整することができる。
 ストレス(心因的)やトラウマなどからの開放を得ることにより、それらが要因となる身体の痛みを解消することが可能である。

◎呼吸 (左右肺・胸腹式・全身の呼吸) 重要度★★★★

 呼吸の概念を治療術に持っているか否かによって治療効果は大きく異なる。
 人間に限った話ではなく、生物に呼吸は不可欠である。呼吸活動自体に障害を持つ事により生物には様々な弊害が発現してくる。
 通常、治療を必要とする患者の場合、そのほぼ全てにおいて呼吸活動が最良の状態とはいえず、調整を必要とする。

◎上肢の異常  重要度★★

 生活習慣上、上肢に過大な負荷を受けたり、継続して負荷を受け続けていたりする事を余儀なくされる事は非常に多い。
 受けた負荷を、蓄積されることなく解消できていれば継続的に正常状態を保持できるが、多くは一部の筋や靭帯などに個々の持つ能力以上の仕事をさせようとする。
 これにより、過負荷を与えられた筋や靭帯が損傷したり、他の筋がかばう制御を行ったりする為、上肢のみの異常にとどまらず、身体全体に異常を発生させ痛みを起こさせる。

◎下肢の異常  重要度★★★

 生活習慣により負荷を受ける事は上肢と同じであるが、特に日本人の下肢異常の発現には『靴』の使用方法と選択方法の間違いが重要な要因となる。
 本来、西洋文化圏で使用されてきた靴は、人間の足の延長線上にある機能を与えられる様に作られたものである。しかし日本人の多くは、足のサイズより大きめの靴を日常的に使用し、靴紐に至ってはスリッパのように脱ぎ履き出来るように緩められ、その機能を失っている。
 この悪習慣を持つ人のほぼ全てが、足がずれない様に足趾を靴の中で上げて歩行するクセを持つ。
 その運動が習慣化することにより、中足骨靭帯や脛腓関節が緩められ、その機能を失い、全身に筋力異常や呼吸障害などの影響を与え、痛みを下肢由来のものとして発現させる。 

◎骨格異常(骨格変異)  重要度

 先天性の骨格異常などががあれば、それは骨由来の異常を発現させるが、通常常識として蔓延している骨格異常のほぼ全ては、筋肉や靭帯が機能低下したために起こる二次的な現象である。
 無論、治療により筋肉や靭帯を正常状態に戻す事ができれば、骨格異常は認められなくなる。

====
作成中
痛みとは
痛みの実際 痛みが発生するメカニズムを解説


&ref2(): File not found: "swfu/d/s_itamitowa-1.png";;



痛みとは…筋肉内部にトラブルが発生すると圧力が高まって…
(2) 細血管が締め付けられ、血液循環が悪くなり、血流不足の、
(2) 筋肉内に充分な酸素を供給する事ができなくなる。すると酸素不足から
(3) 筋肉に、乳酸が蓄積し、エネルギー不足になり筋肉組織を硬化。
(4) 異常硬結させ、神経を圧迫する。神経は脳に至り痛みを感じる。更にそのまま放置すると…
(5) 身体のバランスを崩し、更に…
(6) 骨格不正を起こし慢性化する。

肉体の痛みの要因は、気エネルギーの不足
 気導術では、身体に起こる痛みを、全身の気エネルギー不足によって引き起こされた筋肉のエネルギー不足と捉え、その原因にアプローチしていきます。
 一般的に、筋肉内部にトラブルが発生すると毛細血管が締め付けられ、血液循環が悪くなります。
 その為、血流不足となって筋肉内に充分な酸素や栄養を供給することができなくなります。
 すると、酸素不足から筋肉に乳酸が蓄積し、筋肉組織の性能低下を引き起こします。
 この性能低下が原因で神経から異常が伝わり、痛みとして脳が感じるのです。
 この状態を放置すると、身体はバランスを崩していき、さまざまな不調を引き起こしつつ慢性化していく場合があります。
 また、ストレスなどが痛みの原因となる場合も同様です。人は生きている限りさまざまなストレス環境にさらされています。
 しかし、ストレスの影響を受ける感受性は人により大きく異なります。これはストレスによる負荷を、上手に外に受け流す「気の力」が備わっている方と、そうではない方という具合に分けることができます。
 「気の力」が不足がちの方は、心の中に負荷を溜め込むことになり、その限界を超えると筋肉を始め、身体全体に影響が現れるのです。
 また、ストレスを感じると人は無意識に全身の意識を硬直させますが、このような状態が繰り返されたり、極度のストレスを短期間に受けたりすると、筋肉は鎧のように硬化してしまいます。
 硬くなってしまった筋肉は脳を緊張させる信号を送り続けるため、ストレスは慢性状態となり、さまざまな病気の遠因となることも稀ではありません。
 こういったストレスによる筋肉の硬直が、筋肉を鎧化し、その鎧化した筋肉がさらに新たなストレスとなり、悪循環を生み出します。
 このことからもわかるように、患部に発生するコリや張り、痛みなどの症状を、内臓や筋肉、骨などの問題のみで捉えアプローチしてきた一般的な治療や、施術での認識を外し、それら全ての背景となる「気のエネルギー不足」にまで着眼点を広げたのが気導術なのです。

====
作成中
気導術の施術(各種気功・気導術治療の実際)
各種気功・気導術治療の実際 一般的な治療法の効果を検証

&ref2(): File not found: "swfu/d/s_tiryounojisai2-1.png";;


 このレベルの治療院が現実にたくさんある
A 張り 筋肉に張りが発生すると軽い疲労感がでる。
張り薬、電気治療器等で解消することができる。
 一般レベルの治療院
B こり(硬結 筋肉内にコリ(硬結)が発生すると違和感、疲労感がでて翌日以降に残る。
押す、揉む、叩く等の治療により緩和される
 数段レベル高い治療院
C 異常硬結 筋肉内に強度のコリ(異常硬結による神経圧迫)が発生すると痛みを感じ、日常生活に支障をきたす。
押す、揉む、叩く、骨の矯正等の治療では異常硬結による神経圧迫(痛み)を解消するのは困難なことが多い。(痛みの境界線を越えることが難しい)
 気導術での治療
三大異常
気の障害
筋肉障害
神経障害
 気導術を用いると、痛みの三大原因である、筋肉最深部における筋肉障害(異常硬結)解消は勿論の事、他所よりの神経障害をも解消し、最も重要な、気の障害を取り除くことができ、筋肉内の症状を完全に正常に戻すことができます

}}