Top / 整体【加須・栗橋の気功整体やぐち】

整体【加須・栗橋・久喜・古河の気功整体やぐち】

整体

 「整体」という言葉には、体を整える、あるいは、体のバランスを整える、という意味合いがあります。整った体、という意味もあります。
 「整体」という名称は、元来は野口晴哉氏(1911年 - 1976年)が古今東西の療術を統合し、その身体の操法を体系化して創始した治療法の名称です。

 昭和18年から19年にかけて、野口晴哉氏が中心的役割を果たした整体操法制定委員会において「整体操法」が制定されたのが始まりとされます。
 また野口晴哉氏は昭和31年、整体で初めて「社団法人整体協会」を文部科学省(旧文部省)の認可を受けて設立しました。

整体の歴史(余談ですが…)

 現在の整体の起源は、柔術等の古武道に伝わる手技療法に、伝統中国医学の手技療法や、大正時代に日本に伝わったオステオパシーやカイロプラクティックなどの欧米伝来の手技療法と、当時の治療家たちの独自の工夫などを加えたものを集大成したものです。

 整体創設初期においてや、柔術などの一部流派では、整体の事を「正体」「正體」「整胎術」「正胎」等と呼称していましたが、これら自己改善療法が、野口氏により「整体」と命名されました。

 野口氏は多くの弟子を育てましたが、後には野口氏のまとめた「整体操法」とは直接関わりのない多くの治療法が「整体」の語を使用するようになり、今日ではひとくくりにまとめるのが難しいほど広範な治療法が「整体」と呼ばれているます。

 そのため、今日では野口氏の整体を他の治療法と区別する際には、特に「野口整体」と呼ばれています。
 野口整体では「人間にあるという体癖(体の歪み)を愉気法や活元という独自の方法で自己治療し、修正現象がおきることで自然体になる」としています。
 基本的には他人を治療するのではなく自分で自分を治療できるよう指導するのが野口整体の整体道場です。

一般的な整体の施術の特徴

 一般的な整体とは、体全体の骨格を形作る関節(脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢・顎関節等)の歪み・ズレの矯正と、骨格筋のバランス調整等を、主に手足を使った手技(道具は、あくまで補助として使用する)にて行う事で体を整え、体幹から四肢への脈絡の流れを良くし、脈絡改善によって各症状の改善を図る民間療法です。
 そして、施術自体は操法(整体操法)とも呼ばれています。

当院の整体は

 一般的な整体を土台として、野口整体の考え方を取り入れて、融合させた施術を行っています。



…当院では皆様のご健康を心より願っております…
…看板のない整体院…
エミネンスプラクティック整体やぐち
電話予約は、0480-72-8844へ
メール予約は、こちらへ
住所は、埼玉県加須市弥兵衛541-1(栗橋・久喜・羽生・古河・栃木・館林からすぐ♪)

直前のページへ戻る トップページへ戻る